子供2人の家庭に必要な貯金額【不安なときの貯蓄のコツ】

子供2人の家庭に必要な貯金額【不安なときの貯蓄のコツ】子供
子供2人を育てるのに必要な貯金額が知りたい人
子供2人を育てていくには、どのくらい貯金があれば良いのかな?
私
管理人
そんなお悩み、解決します

本記事では、子供が2人いる家庭に必要な貯金額の目安や、上手に貯蓄をするコツを解説しています。

子供2人を育てていくにあたって、今後の資金が不安な方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

子供2人の家庭に必要な貯金はどのくらい?

子供2人の家庭に必要な貯金はどのくらい?

子供2人を育てる上で必要な貯金額は?

これは、子供の進路によって全く変わります。

そのため、「絶対に〇〇円必要」ということは言えません。

ただ、一般的に子供1人を大学まで行かせるのに300~500万くらいは必要です。

そのため、2人だと最低でも600万は必要ということになります。

保育園、幼稚園でかかる費用

保育園や幼稚園に通わす時でも、公立か私立、また親の年収によっても必要な費用が変わるため、一概には言えません。

しかし、大体公立だと1人につき1年に22万、私立だと50万必要です。

ただし、今は国からの補助があるためこの半額くらいの金額で済む場合も沢山あります。

実際、私の娘が通っている幼稚園は月10,000円です。

小学校でかかる教育費

こちらも、どのような小学校に通わすかで金額には大きく差がつきます。

例えば、公立の場合は6年間で193万が平均値ですが、私立の場合は916万・・・。

でも、こちらも今は国の補助があるため、私の息子が通う公立小学校は月7,000円で済んでいます。

中学校でかかる教育費

中学校ではどうでしょうか?

こちらも、公立と私立に分けてみてみましょう。

公立の中学校の場合は年間150万程度で、一方、私立の中学校の場合は年間420万程度ですが、有名私立に行けば行くほど100万以上の差はあります。

高校でかかる教育費

高校では、公立だと年間130万ですが、私立では300万くらいです。

大学でかかる教育費

大学は国公立か私立かだけではなく、理系・文系によっても金額が変わります

また、医学の道に進む場合は更にお金がかかります。

国公立の場合、4年間で500万程度。

私立の理系に進むと830万程度。

私立の文系に進むと730万程度かかります。

ただし、医学部に入る場合、高いと4年間で2,000万はかかります。

高校までの教育費は毎年の家計から捻出することも考えよう

このように、子供の学費って大学から一気にお金がかかることが分ります。

そのため、高校で貯金を使って支払いをしていると、大学に行かせるだけのお金がなくなってしまうということになりかねません。

こうならないためにも、高校までは毎月の家計から学費を出すようにすることが大切です

子供2人の家庭の生活費はどのくらいかかる?

子供2人の家庭の生活費はどのくらいかかる?

子供2人の家庭の生活費は、子供が大きくなればなる程増えてきますが、子供が小さい家は月30万程度あれば大丈夫です。

しかし、子供2人を持つ家庭だと、住宅ローンを返済している真っ只中という所も沢山ありますね。

住宅ローンがある場合は更に毎月の出費は増えます。

4人家族の生活費の平均

4人家族の生活費の平均は月30万程度です。

子供の習い事や食費などを入れていくと、大体このくらいになる家庭が多いですよ。

あなたの家庭の生活費を計算してみよう

子供を産むということは、何百万とお金が動くということです。

この子供の学費や生活費を捻出するためには、今の貯金をしっかりと把握して月々の生活費を計算してみることから始めましょう。

そして、もっと生活費で削れる所はないか確認してみてください。

私
管理人
大学は貯金をはきだしていく時期だということも忘れずに計算しよう

収入と支出から無理のない貯蓄の計画を立てる

しかし、「お金お金!」と頭一杯になってしまっては生活にゆとりがなくなってしまいます。

これでは、子供との楽しい時間や思い出も作りにくくなってしまいます。

大切なことは、無理のない貯蓄をするということ。

教育資金も大切ですが、子供との旅行も1年に1.2回は行って楽しい思い出を作るようなゆとりある貯金をしましょう。

スポンサーリンク

子供2人の家庭が上手に貯金をする3つのコツ

子供2人の家庭が上手に貯金をする3つのコツ

子供2人の家庭が上手く貯金をするためには、

  • 不必要な出費を見直す
  • 子供が大きくなってきたらママも働く
  • ボーナスや自動手当を貯金にまわす

ということをしてください。

不必要な出費を見直す

今の家計費を計算してみると、「あれ?なんか雑費多くない?」みたいなことに気が付きます。

また、カード払いをよくする人なら、毎月いくらカードで使っているのか上限を考えていない人もいます。

このように、絶対に必要ではないお金がいくらあるのかということを把握して、その不必要なお金を使わないように努力すると、少しずつお金は貯まっていきます。

子供が大きくなってきたらママも働く

そして、子供が親がいなくても大丈夫という年齢になったら、ぜひママもパートでも何でもいいので働いてください。

ママの収入分を全て子供の学費にするという方法をとると、かなり学費がスムーズに貯まります。

ボーナスや児童手当を貯金にまわす

私の母親がよく言っています「ボーナスはないものだと思え!」って。

そう、ボーナスは充てにしてはいけません。

ボーナスなんていつなくなるか分からないものです。

そのため、ボーナスや児童手当などは、始めからないものだと考えて貯金に回すことが大切です。

貯金するのが難しいときは子ども口座を使ってみよう

貯金するのが難しいときは子ども口座を使ってみよう

しかし、ついついお金を使ってしまって上手く貯金ができないという人も中にはいますね。

こういう時には、子供専用の口座を1つ作って、そこに毎月お金を振り込んでいけば大丈夫。

お給料をもらった時に、すぐに「この分は子供分」ってとってしまえば貯金もしやすくなります。

家計の管理がしやすくなる

このように、初めから子供の口座にお金を入れてしまうことで、家計の管理がしやすくなります

「なんだかよく分からないけど、子供の服とか買ってたらお金なくなっちゃった」みたいなことにならないようにするためにも、子供の口座を作って管理してみましょう。

無駄に使ってしまうことがなくなる

子供と一緒に生活をしていると、ついつい、子供の喜ぶ顔が見たくてあれやこれや買ってしまいます。

しかも、今って100均も充実しているので100均に行って沢山買ってしまい、気が付いたら1000円支払っていたなんてこともよくあります。

こういう無駄遣いをして貯金するお金がなくなる前に、先に口座に入れておけば、将来子供に本当にお金が必要になった時にちゃんと払ってあげられますよ。

子供にお金の管理を身に付けさせられる

また、子供がある程度大きくなってきたら、お金の大切さを身に付けさせることも大事です。

私は昔、祖父にいきなりメーターの所に連れていかれて「いいか、お前がこうやってどうでもいい場所に電気を付けっぱなしにしているだけでも、メーターはぐるぐるまわってお金が発生しているんだぞ」と言われました。

こうやって、お金ってどうやったら発生するのかということを考えながら貯金の大切さを覚えさすって、生きていく上ですごく大事なことです。

こういう大切なことを実感させたうえで、まずは親がお金の管理方法を教えてあげてください

子供2人のための貯金は貯蓄や生活費を把握して計画的に貯めよう

子供2人のための貯金は貯蓄や生活費を把握して計画的に貯めよう

子供が2人に増えると、学費も数百万必要になってきます。

そのため、2人目を考える時には今の貯金額や生活費などもしっかりと把握した上で子供を迎えてあげることが、2人目の子供も幸せに育つコツです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました