世帯年収500万で子供2人はかなり厳しい!【打開策を考えよう】

世帯年収500万で子供2人はかなり厳しい!【打開策を考えよう】子供
世帯年収500万で子供2人を育てていけるのか知りたい人
今の世帯年収500万くらい2人目の子供を考えているけど、育てていけるか心配
私
管理人
そんなお悩み、解決します

本記事では、世帯年収500万で子供2人を育てていく方法や、世帯年収ごとにどのような生活になるのか、目安を解説しています。

収入が少なく、子供2人を育てていけるのか不安な方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  1. 世帯年収500万では子供2人の家庭はかなり厳しい!
    1. 生活費だけでも赤字になる可能性が高い
    2. 転職やママにも仕事が必要
  2. 世帯年収500万で子供2人とやりくりする方法はある!
    1. 旅行や外食は我慢
    2. 家計簿で収入と支出を管理する
    3. 収入アップが難しいなら徹底的な費用の見直し
  3. 年収300万で子供2人を育てている家庭もあるけどかなり厳しい
    1. 貯金を崩しながらの生活
    2. 常に節約を意識しなければならない
    3. すぐにでも収入をアップさせるべき
  4. 世帯年収600万で子供2人なら節約すれば乗り越えられる
    1. 赤字にはならないけど余裕はない
    2. うまく節約をすればコツコツ貯金もできる
    3. どこかで収入アップをしないと貯蓄が足りない
  5. 現実的に子供2人を育てるのに必要な年収の目安はどれくらい?
    1. 4人家族はどのくらいお金がかかるのか
    2. 理想の年収は800万円以上
    3. 子供が18歳までに1人あたり500万円を目標にしよう
  6. 子供2人の家庭に必要な世帯年収は今後の目標によってもかわる
    1. マイホームの有無
    2. 子供2人を大学まで進学させるのか
    3. 老後の資金はどのくらい貯めるのか
  7. 世帯年収800万で子供2人なら及第点
    1. 月、年単位の家計には余裕が持てる
    2. 大学や老後の資金を考えると贅沢はできない
    3. 先を見据えて計画的な貯蓄をしよう
  8. 子供2人の子育てにお金の不安があるときに考えるべきこと
    1. 夫婦2人で働く
    2. 転職、副業を考える
    3. 固定費を見直す
    4. 子育て支援制度の活用
  9. 世帯年収500万で子供が2人いる家庭は収入アップを目指そう

世帯年収500万では子供2人の家庭はかなり厳しい!

世帯年収500万では子供2人の家庭はかなり厳しい!

結論から言いますと、世帯年収500万で子供2人はかなり厳しいです。

食費を削って旅行に行かないとしても厳しいです。

そのため、旦那1馬力で2人目が生まれてもお金の苦労はしたくないと思っているなら、もう少し年収をアップさせてから2人目を考えた方がいいですね。

生活費だけでも赤字になる可能性が高い

世帯年収が500万での生活は、毎月の生活費で赤字が出ると思ってください。

特に赤字になるのは、子供がちょっとだけ体調を崩した時。

「病院に行くまででもないけど、薬を買ってあげたいな」という時、市販の薬を買うためにお金が必要になります。

また、子供の食欲がない時には、子供が食べられるものを買おうとすると、通常の食費では足らなくなることもあります。

このように、ちょっとしたイレギュラーが起これば一発で大赤字になります。

転職やママにも仕事が必要

でも、2人目を産むにしても母親にはタイムリミットがありますよね。

そのため、2人目を産みたいと考えているなら母親も働く必要があります。

2人にお金の迷惑をかけないように母親が働いて、旦那の足らない部分をカバーできるだけの収入があれば、生活は赤字ではなくなるはず。

世帯年収500万で子供2人とやりくりする方法はある!

世帯年収500万で子供2人とやりくりする方法はある!

とは言っても、今の時代って昔に比べて給料はなかなか上がりませんよね・・・。

そのため、世帯年収が500万だという家庭も多くあります。

そういう世帯年収500万でこどもが2人いる家庭では、

  • 旅行や外食は我慢
  • 家計簿で収入と支出を管理する
  • 収入アップが難しいなら徹底的な費用の見直し

という3つのことを行っています。

行っているというか、やらざるを得ません。

旅行や外食は我慢

家族4人での旅行は、キャンプなどにでも行かない限り軽く5万以上は飛んでいきます。

また、外食に行っても1回に数万飛んでいくことも・・・。

ただでさえ生活がキツイのに、このような時々の数万円の出費は命取りです。

そのため、旅行や外食は行かないようにするしかありません。

家計簿で収入と支出を管理する

また、毎月の収入と支出は必ず管理しておく必要があります。

もちろん、旦那の毎年のベースアップ時にもどのくらいベースアップがあって、税金でどれだけ引かれるのかということを把握しておいてください。

頭の中に自分の家の収入と支出のベースがあるだけで、「これは買えるものなのか?」という判断がしやすくなります。

収入アップが難しいなら徹底的な費用の見直し

収入アップが見込めない時だってあるでしょう。

こういう時でも子供は成長して日々お金がかかるようになっていきます。

そのため、収入アップが見込めないなら徹底的に費用を見直しする必要があります。

例えば、カードの明細。

今って、カードの引き落とし金額は一括で分かるけど、明細はネットからしか見えないという会社が増えてきましたね。

そのため、わざわざネットを開いて明細を確認するという人は少なくなってきました。

しかし、これではずっと家計は変わりません。

毎月明細とにらめっこをして、本当はカードで引き落とさなくてもいい明細がないかチェックし、排除できる明細があるなら次月から即効排除してください。

年収300万で子供2人を育てている家庭もあるけどかなり厳しい

年収300万で子供2人を育てている家庭もあるけどかなり厳しい

年収300万で子供2人を育てるのは、めちゃくちゃ難しいです。

まず、子供に色々と我慢をさせることが多くなるということを覚悟してください。

貯金を崩しながらの生活

年収300万では、日々の生活費が足りません。

子供の習い事はまず諦めましょう。

貯金を切り崩しながらの生活になるため、まずはそこから脱出することを目指さなくてはいけません。

常に節約を意識しなければならない

何か1つ必要なものを買う時でも、常に節約を意識しながら買わないといけません。

数百円の違いが、その後の生活にも痛く響いてしまいます。

すぐにでも収入をアップさせるべき

年収300万で子供2人を育てたいと考えている場合は、子供のためにもすぐにでも収入アップをしなくてはいけません。

例えば、掛け持ちで仕事をしたり、睡眠時間を削って自宅で内職をしたりと、とにかくお金になることは必死で行う必要があります。

世帯年収600万で子供2人なら節約すれば乗り越えられる

世帯年収600万で子供2人なら節約すれば乗り越えられる

では、300万の倍、年収600万で子供2人ならどうか?

年収600万の場合、貯金を切り崩した生活になることはありませんが、日々の生活はキツイです。

しかし、住宅ローンなどがある場合は赤字になる可能性があります。

赤字にはならないけど余裕はない

世帯年収600万の場合は、生活費の中できっちりと収めるという方法を徹底すれば何とかなります。

しかし、冠婚葬祭が続いたり大きな金額が動く時には、その月だけ家計が赤字になることもあります。

私
管理人
毎日綱渡り状態って感じの生活になるよ

うまく節約をすればコツコツ貯金もできる

ただ、やりくりを上手にすれば少しずつでも貯金をすることは可能です。

例えば、毎月の生活費を削って、次の給料日に残った数百円のお金をコツコツと貯金していくみたいな生活をするだけでも、年間で数千円の貯金が母親でも可能なことがあります。

どこかで収入アップをしないと貯蓄が足りない

年収600万で子供が2人の場合は、どこかで収入を増やすという手段を取らないと、貯金ができません。

そのため、誰かが月に数万円ずつ増やす努力をしないと、子供が2人いる家庭の平均年収をどんどん下回っていき、結果として老後に子供達に迷惑をかけてしまう可能性があります。

現実的に子供2人を育てるのに必要な年収の目安はどれくらい?

現実的に子供2人を育てるのに必要な年収の目安はどれくらい?

現実的に、子供2人を育てるためには年収700万はあった方がいいです。

しかし、子供が2人いる家庭は夢のマイホームを手に入れたいという願いもありますよね。

そのため、住宅ローンを組もうと考えている場合は年収800万は欲しい所です。

4人家族はどのくらいお金がかかるのか

4人家族で生活する場合、子供が小学校くらいまでなら月30~40万あればやっていけます。

ただし、これは住宅ローンなしでの考えです。

また、子供にかける保険なども一般的な金額をかけている場合です。

理想の年収は800万円以上

理想の年収はやはり800万以上です。

800万以上あれば、子供の習い事や突発的な出費があったとしてもちゃんと対応することができます。

また、日々の生活にも余裕のある暮らしをすることができます。

子供が18歳までに1人あたり500万円を目標にしよう

年収800万あるご家庭は、子供の学費をしっかりと貯めてあげてください。

1人500万を目標に貯めることで、子供の行きたい高校や大学へ行かせやすくなります。

子供2人の家庭に必要な世帯年収は今後の目標によってもかわる

子供2人の家庭に必要な世帯年収は今後の目標によってもかわる

子供2人の世帯年収は、

  • マイホームの有無
  • 子供2人を大学まで進学させるのか
  • 老後の資金はどのくらい貯めるのか

ということによって変わります。

家・大学・老後は大きなお金が必要になるので、予め人生プランに入れなくてはいけませんね。

マイホームの有無

子供が2人になったら、夢のマイホームだ!という人も多いはず。

マイホームを購入する場合には、一括ではなく住宅ローンから払う人はとても多いですね。

この住宅ローンを何歳までで完済して、いくら借りるのかということは、先にシュミレーションしておきましょう。

私
管理人
「住宅ローンさえなければもっと生活が楽なのに・・・」っていうこと、よくあるんだよ。

子供2人を大学まで進学させるのか

子供の教育資金の中で一番お金がかかるのが大学です。

つまり、大学に行かせるのか行かせないのかで、積み立てていくお金や貯金額はかなり変わります。

また、どこの大学なのか?文系に進むのか、理系に進むのか?などによっても数百万、必要資金は変わります。

老後の資金はどのくらい貯めるのか

「子供にお金をかけすぎて、自分の老後のお金がない・・・」なんてことになったら、結果的に子供達に迷惑がかかってしまうかもしれません。

こうならないようにするためにも、自分達の老後の資金はいくら貯めておく必要があるのかしっかりと確認しておく必要があります。

スポンサーリンク

世帯年収800万で子供2人なら及第点

世帯年収800万で子供2人なら及第点

結論、子供2人を育てる時に「これだけあれば充実した生活が送れる」という目安は年収800万円です。

夫婦2人で、この年収に届くように頑張って働かないといけませんね!

月、年単位の家計には余裕が持てる

年収800万あれは、月々の貯蓄もちゃんとできます。

我が家も年収がちょうど800万世帯ですが住宅ローンで毎月8万飛んでいっても月10万の貯蓄ができています。

大学や老後の資金を考えると贅沢はできない

ただし、大学や老後の資金をしっかりと貯めようと思うなら贅沢はできません。

私の場合は、子供の体が弱いのでスイミングスクールを習わせたり、私立の中学を受験させるかもしれません。

そうなると、一気に生活はカツカツになることは目に見えて分かります。

普通の生活をする分には心配いらない金額が年収800万だけど、ちょっと特別なことをしたいとなると難しくなるのが800万の壁だと思っています。

先を見据えて計画的な貯蓄をしよう

しかし、贅沢しなければコツコツと貯蓄ができる800万だからこそ、先を見据えた計画も立てやすいというメリットがあります。

「今年は〇〇万円必要だから、先に今月浮いた分からとっておこう」ということができるのも、年収800万の人の生活のいい所。

子供2人の子育てにお金の不安があるときに考えるべきこと

子供2人の子育てにお金の不安があるときに考えるべきこと

子供2人を育てる時には、多くの人がお金の不安を抱えるものです。

そういう時には、少しでも不安を軽くするためにも、

  • 夫婦2人で働く
  • 転職、副業を考える
  • 固定費を見直す
  • 子育て支援制度の活用

をしてみてください。

夫婦2人で働く

たとえ女性の方がパートでも、月に数万円稼ぐことができたら、今以上に生活を潤すことができます。

子供2人を少しでもお金の苦労なく育てたいと思うなら、母親も働いて教育資金に当てましょう。

転職、副業を考える

また、今の職場では年収アップが見込めないし、家族も大変だという場合は、転職を視野にいれてもいいですね。

転職する時には、今以上の年収は必須条件ですが、それ以外にも将来性がちゃんとある会社なのかということを念頭におきながら動きましょう。

また、副業をするという方法もあります。

今まで就寝前にスマホで遊んでいた時間を、副業の時間に当てるだけでも、自分のお小遣い程度は稼げる場合があります。

固定費を見直す

毎日の生活の中でかかる固定費を見直してみるのも1つの手です。

例えば、「お肉ばかり食べていて食費がかかる」と思っているなら、週に1回でもいいのでお肉を食べない日を作ってみてください。

野菜中心の生活に1日でも変えるだけで、一週間に500円近く浮いてくるものですよ。

子育て支援制度の活用

子育て支援制度を利用して教育資金を上手く貯蓄していくという方法もあります。

また、日々の生活が足らない時には、年収がアップするまで支援制度を使って生活の足しにするという方法もあります。

子供が小さいからこそもらえるお金は、絶対に生きたお金になるように使うことが大切です。

世帯年収500万で子供が2人いる家庭は収入アップを目指そう

世帯年収500万で子供が2人いる家庭は収入アップを目指そう

子供が2人いる世帯の場合、年収500万円では足らないと思ってください。

最低でも年収600万は必要です。

また、子供2人とゆとりのある普通の生活がしたいと思う場合は、夫婦力を合わせてでも年収800万円に届くように頑張りましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました