クラウドワークスは稼げない?【月収10万稼げたので教えます】

クラウドワークスは稼げない?【月収10万稼げたので教えます】クラウドワークス

こんにちは、kanaです。

クラウドワークスが気になる人
クラウドワークスが気になる人

クラウドワークスのレビューを知りたい。在宅ワークならクラウドワークスが良いって聞いたけど、、、果たして本当なのか? メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • クラウドワークスが稼げないと言われる3つの理由
  • クラウドワークスで稼げない人の3つの特徴
  • クラウドワークスは稼げない?月収10万円稼げた具体的な方法を暴露

この記事を書いている私は、クラウドワークス歴約2年で月10万円を運用しています。

そんな私が、本記事では、クラウドワークスの運用実績を公開しつつ、メリットとデメリットをレビューします。

損失も包み隠さずにお話しますので、これからクラウドワークスを始めたいって方は是非、じっくりとご覧ください。

クラウドワークスが稼げないと言われる3つの理由

クラウドワークスが稼げないと言われる3つの理由

たくさん稼いでいるのは一部の人だけ

たくさん稼ぐイメージって月どのくらいでしょうか?正社員ではなくても稼げるイメージというと、大体20万くらい稼げれば最高だと思いませんか?

じゃあ、月20万円稼ぐ人はどのくらいいるのかというと、全クラウドワーカーの内たった100人ちょっとです。

ちなみに、2016年では会員数80万人ほどの登録がある中で20万円稼いでいる人はたった111人でした。

副業で少しだけ稼げればいい人が多い

クラウドワークスを利用している人は、クラウドワークスだけで生計を立てている人はほとんどいません

多くの方は、

  • 育児の合間
  • 本業との合間
  • 介護の合間

など、クラウドワークスを副業として行っています。

私の弟もクラウドワークスを行っているのですが、昼間は正社員として働き、夜22時~24時の2時間だけ、クラウドワークスをやっています。

そういう人が多いんですよね。

つまり、育児や正社員などの本業との隙間時間でお金を稼ごうと思っているので、そもそも「お小遣い程度で稼げたらラッキー!」くらいに思っている人が多いのが、稼げないと評判になっている理由です。

他にもクラウドソーシングを利用している

クラウドワークス1本に絞って仕事をしていない人もいます。

クラウドワークスはクラウドソーシングの中でも代表各のようなサービス業ですが、その他にも

  • ランサーズ
  • ココナラ
  • shufti
  • CROWD

など色々あります。

少しでも楽に稼ごうとすると、どうしても得意分野を生かした仕事をしたいと思います。

でも、クラウドワークス1本で得意分野を探していては、仕事案件に限界があります。

でも、上記のような多くのサービス業に登録しておいて、得意分野の数をこなせば、それだけお金も儲けやすくなります。

少しでも効率よく稼ぐために敢えてクラウドワークスに留まらず、色々なクラウドソーシングに手をつけているから、クラウドワークスの収入が少ないということもあります。

単価の安い案件が多い

例えば、クラウドワークスでライティングの仕事をしようとする時、初心者でもOKな簡単な仕事だと1文字当たりの単価が0.1円以下だということもザラにあります。

例え1文字0.1円だったとしても、1000文字頑張って書いてやっと100円ですよね。

こうやって想像すると、「こんな安い値段じゃ、割に合わなさすぎる」と思う人もいます。

しかも、クラウドワークスってこういう安い案件が多いんです。

初心者なんだからプロよりも値段が低いのは仕方ないけど、始めに取りかかる設定が低すぎては、いくら頑張って仕事をしても思うように稼ぐことはできませんよね。

また、このような安い案件では仕事内容をよく見てみると「継続していく内に単価アップも可能です」と書いてある時もありますが、全く単価アップの内容が記載されていない案件も多々あります。

そのような単価アップが望めない安価な仕事をずっとしていると、いつまで経っても儲けることはできません。

10万円以下の案件は20%のシステム利用料がかかる

クラウドワークスはとにかく手数料が高い

私も初め、このシステム手数料には驚きました。

「内職で隙間時間に何とかパソコンに向かっている人に20%も取るの!?」と・・・。

例えば1万円の仕事をしたら、8千円しか振り込まれないことになります。

その差し引きされた2千円をどれだけかかって仕事したことかと・・・。

一生懸命働いても、自分の稼いだお金が20%も取られると思うと「クラウドワークスは稼げない」と思うのも無理ありません。

クラウドワークスで稼げない人の3つの特徴

クラウドワークスで稼げない人の3つの特徴

安価で簡単な案件しかこなしていない

単価が安い仕事=やりやすい仕事です。

そのため、ついつい簡単な安い案件ばかりをしてしまう人も多いですね。

これでは、隙間時間にしっかりと稼ぐことは難しいです。

特に、タスク案件ばかりをこなしている人の場合は、単価アップをすることもありませんし、報酬も1円単位のものなどが多いので稼げません。

ライティングなどは、安い案件でも長時間かけて沢山の仕事をこなせば塵も積もれば山となるで、ある程度の金額を望むこともできますが・・・、「1日5時間も6時間も働く時間があるなら、もっと安定するアルバイトやパートの方がいいや」と思うはず。

隙間時間に効率的に稼ごうとするなら、ライティング技術を高めるための努力をしたり、画像の選定を上手くしたり、得意分野の知識を深めるなどの努力をして単価が高い案件に挑戦することです。

自分の労働価値を低くみてしまっている

「これといった得意分野もないし」「一般職として伝票打った経験しかないし」「普通に子育てしているだけだし」「こんな文章、自分には無理無理!」なんて、自分の労働価値を低くみなしていませんか?

特にクラウドワークスを始めようか迷っている人に多いのが、「ネットに出ているような文書くの!?そんな文章能力ないし!!」と思うことです。

私は主にライティングをしているのですが、ママ友に私の仕事を教えると大体の人が「そんなネットに書いてある文章、よく書けるね!私じゃ無理だ」と言います。

そうやって、「自分には無理」だと初めからレッテルを貼ってしまうと、クラウドワークスをしていてもスキルアップのチャンスは巡ってきません。

大事なことは、「この経験をクラウドワークスに絶対に生かしてやる!今は初心者でも絶対にスキルを磨いてやる!」という意気込みで仕事をすることです。

この気持ちがあるだけで、相手にやる気が伝わり、スキルアップや単価アップのチャンスも巡ってきやすくなります。

経験を積む前にやめてしまう

どんな仕事でもそうですが、長く働かないとスキルも磨けないのでお金も稼げません

クラウドワークスも一緒で、ある程度経験を積まないと文章を書くためのコツや技術などを磨くことができないので、お金も稼ぎにくいものです。

私も初めの半年は単価アップは一切ありませんでした。

しかし、1年経つ頃にはクラウドワークスにも慣れて、いつも仕事をくださる方から単価アップのお話をいただくことができました。

仕事以外でも努力をすること

クラウドワークスでお金をしっかり稼げている人は、ちゃんと陰で努力しているものです。

例えば、クラウドワークスで美容関係を中心に執筆している人ならば、寝る前のほんのちょっとの時間に美容に良い成分を勉強しています。

そして、その勉強したことをクラウドワークスで生かすという努力をしています。

クラウドワークスは稼げない?月収10万円稼げる具体的な方法を暴露

クラウドワークスは稼げない?月収10万円稼げる具体的な方法を暴露

クラウドワークスで10万というまとまった金額を手に入れたい時には、

  • クラウドワークスに向かう時間を増やす
  • 副業という概念を捨てる

ことが大事です。

クラウドワークスに向かう時間を増やす

まず、クラウドワークスに向かう時間を30分、1時間でも増やせばそれだけお金は儲かります。

微々たるものかと思うかもしれませんが、1週間に直すと7時間も仕事量を増やすことになりますから、けっこう報酬額は変わるものです。

具体的に私が10万円稼げるようになった道のりをご紹介します。

1ヶ月目

1ヶ月目にやったことは、

  • タスクからクラウドワークスに慣れる
  • タスクでお世話になった方をフォローして、他の仕事もしていないか確認する
  • 継続できる仕事を1つでいいから見つける

クラウドワークスってどんなシステムで動いているのか?ということを理解しないとその先もスムーズにいきません。

そこで、まずは単発で終わるタスクから始めてみました。

私が始めて行った仕事は「どんな内容でもいいから100記事(1記事300文字以上)ください!」というものでした。

内容は何でもOKだったのでとても始めやすく、報酬も2000円だったので、早速仕事をお願いしました。

仕事をお願いする時には“やる気”を伝えること

仕事に応募する時に大事なことは、変なプライドを捨てるということです。

私の場合、「私はクラウドワークス初心者で何も分かりません」「でも、これからクラウドワークスで頑張りたいと思っています。」「絶対に納期までに仕上げますのでこちらの仕事をやらせてください」とお願いしました。

タスクをして分かったこと

実際にタスクを終えてみると、大体自分が文字を打つのにかかる時間が分かるはずです。

次に、タスクでお世話になった人をクラウドワークス内でフォローしていると、同じ方が他にも仕事を出していることが分かりました。

全く新しい人と仕事を1から始めるよりも、以前少しでも仕事したことがある人の方がお願いしやすいと思い、私の方から声をかけさせていただきました。

「以前、100記事でお世話になった○○です。

こちらの仕事も、やらせていただけませんでしょうか?」とお願いしてみた所、以前繋がりがあったからか、すぐに仕事をやらせてくれました。

そして、2.3週間たった頃、少しクラウドワークスの仕事も慣れてきたので、もう少し幅を広げてみることにしました。

継続案件を探す時、初心者はスカウトを利用するといい!

幅を広げるために1ヶ月目の最後に行ったことは、“継続案件を見つける”ということです。

クラウドワークスには、「仕事を探す」という項目から自分がしたい仕事を探すことができます。

しかし、私は始めの1ヶ月では「仕事を探す」から継続案件を探しませんでした。

どうやって継続案件を見つけたのかというと、私のプロフィールを見てスカウトしてくれた方の仕事をそのまま受けました。

クラウドワークスに登録すると、自分から仕事を探しに行かなくても、勝手に仕事のスカウトメールが届くんです。

「いきなりのご連絡すみません!」みたいな感じで。

そういうスカウトは、先方が「この人は初心者だからお願いしようかな」と思って連絡してくれたもの。

だから絶対に初心者向きなのです。

実際、私はスカウトいただいた方の仕事を受けて正解でした。

今でもお世話になっているのですが、始めの頃は訂正ばかりでも、「次は○○と○○を訂正してくださいね」と丁寧に教えてくれて、ライティングの基礎を学べました。

2ヶ月目

2ヶ月目にやったことは、

  • 継続案件をもう1つ増やす

ただこれだけです。

今度の継続案件は、スカウトからではなく自分で探してみました。

そこで、継続案件をもう1つ契約することができました。

注意!応募タイトルの“継続あり”にはだまされないで!

実は、2ヶ月目で継続案件を探す時に少し失敗したことがあります。

それは、

「タイトルに“継続あり”って書いてあるのに継続じゃなかった!」という仕事だったからです。

私は、仕事のリズムを一定化させるためにも、毎週コンスタントに仕事をいただける案件を探していました。

そこで、タイトルに“継続あり”となっているものを選んだのです。

その方が確実にお金を増やしていけるじゃないですか。

でも、実際に継続してみると、全然コンスタントに仕事が来ないんです!あまりに次の仕事が来ないので、こちらから「次の仕事はいつ頃になりますか?」と聞いてみたら、「しばらくはありません。でも、時々仕事がないか聞いてくださいね。あったら渡しますので」

って言われてしまいました。

だから、タイトルの継続案件となっているものは、「どのくらい継続してくれるのか」「一週間の仕事はどのくらいもらえるのか」ということを確認してからお互いに契約することをおすすめします。

3ヶ月目

3ヶ月目にやったことは、

  • 更にもう1つ継続案件を探す
  • ライティング力を上げるために自分でも勉強する

ということです。

3ヶ月目にもなると、かなりクラウドワークスにも慣れてきました。

そして、継続案件の仕事のスピードも上がってきたので、少し時間に余裕がでてきました。

そこで、もう1つ継続案件を探したのです。

またその頃、2ヶ月目で契約いただけた方から、単価アップをしてくれるとの連絡がありました。

そこで、「単価アップをしてくれるなら、もっと私も知識を増やして執筆できるようにした方がいいな」と思い、図書館で一冊、私の仕事に直結しそうな本を借りて勉強しました。

すると、その方は更に単価をアップしてくれました。

こうやって、コツコツ仕事をしながら時々単価アップをしてくれたおかげで、クラウドワークスを始めて半年以上たった頃、10万円稼ぐことができるようになりました。

副業という概念は捨てること

副業という概念は捨てること

もう1つ仕事をする上で大事なことは、「副業だからそもそも稼げないだろう」という概念を捨てて仕事をするということです。

クラウドワークスだって副業とはいえ立派な仕事です。

「自分はクラウドワークスで立派に働いてみせる!」という気持ちが高ければ高いほど、スキルアップも早くなりますから報酬額も高くなります

単価アップの鍵は「一生懸命が伝わること」

報酬を高くするためにも単価アップは欠かせませんね。

ちょっと考えてみてください。

あなたが何かインターネットで検索している時に

  • 「この記事、変な文章だな」
  • 「“アクセス増やしたいから記事を読んでほしい”って気持ちが前面に出すぎてて嫌だな」
  • 「文章がくだけすぎてて読む気にならないな」

なんて思った経験ありませんか?そういう記事って、2度と読みませんよね。

そうです。

例え相手と会話していなくても顔が見えなくても、文章って何となく相手の気持ちが伝わってしまうんですよね。

これはクラウドワークスで仕事する時も同じです。

自分が一生懸命仕事をした文章って相手にちゃんと伝わります。

逆に、適当に書いた文章は相手に響きません。

どちらが単価アップに繋がるでしょうか?

パソコンを通じて仕事をしていても、最終的には心のある人間に納品するのがクラウドワークスの仕事です。

だから、一生懸命やりましょう。

頑張っている気持ちが伝われば、あなたの頑張りが認められて、自然と単価は上がってきます

自分で単価アップを交渉するのもアリ!

でも、1年くらい経っても単価が上がらない場合もあります。

向こうだって、自分の懐が温かい方がいいですからね。

そういう時は自分から単価アップの交渉をしてみても良いでしょう。

ただし、交渉する時は自分の仕事態度に自信のある時だけです。

私は1度だけ、単価アップの交渉をしたことがあります。

1週間以内に4記事納品の仕事だったのですが、毎日4記事納品していました。

もちろんその都度訂正はありません。

単価は0.1円くらいだったと思います。

それを2年ほど、毎日納品しました。

そこで、単価アップの交渉をしてみたのです。

そしたら、少しですがアップしてくれましたよ!

向こうは「これだけ他の人よりも仕事してくれてて、単価アップしないわけにはいかないよな・・」と思ったかもしれませんね(笑)

つまり、「いただけた仕事は、何でも一生懸命やること」。

これが月10万円稼ぐ上で一番大事なのです。

クラウドワークスは稼げない?月収10万円稼げる具体的な方法のまとめ

クラウドワークスは稼げない?月収10万円稼げる具体的な方法のまとめ

クラウドワークスで月収10万円稼ぐ方法をまとめました。

まとめると、

  • 1か月目は簡単な仕事から始めて、1つでもいいから継続できる案件を探す
  • 2カ月目は継続案件をもう1つ増やすこと
  • 3カ月目はさらにもう1つ継続案件を増やしつつ、自分でライティングの勉強する
  • 1年くらい経っても
  • 副業という考え方を捨てること
  • 頂いた仕事を一生懸命やれば次につながる

コメント

タイトルとURLをコピーしました