子供会の夏祭りで子供が喜ぶおすすめの出店10選

子供会の夏祭りおすすめの子供
私
管理人
こんにちは、kanaです。

子供会に入会したからには、色々な行事に参加したいもの。

そして、お母さん達も一緒になって楽しめる行事に、これからやって来る夏祭りがありますね。

本記事の内容
  • 子供会の夏祭りで子供が喜ぶ出店10選
  • 子供会の夏祭りで人気の食べ物10選
  • 子供会の夏祭りの出店の4つの注意点
  • 子供会の夏祭りでみんなが楽しむ3つのポイント

をご紹介いたします。

夏祭りの出店を何にしようか家族で考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

これを読めば、どんなものを出せば皆で楽しめるのか分かりますよ!

スポンサーリンク

子供会の夏祭りで子供が喜ぶ出店10選

子供会の夏祭りおすすめの

輪投げ

輪投げ
子供会の夏祭りの出店1つ目は「輪投げ」です。

輪投げの景品をおもちゃにしたりお菓子にしたり・・・。

小さな子は少し近い所から、小学生になったら遠くから投げて景品をゲットしてもらいましょう。

子供達は、目の前に自分のほしいものがあればかなり集中して遊んでくれるはずです。

的当て

子供会の夏祭りの出店2つ目は「的当て」です。

縦、横、斜め、どれか1つでも揃ったら景品をゲット!野球やソフトボールをしている少年達はここぞとばかりに本領発揮です!

マジックテープのついたボールで投げてもらえば、簡単に取り外しができて便利です。

シャボン玉

シャボン玉
子供会の夏祭りの出店3つ目は「シャボン玉」です。

夏祭り会場の入り口の所で「はい」ってあげれば、子供達の気分は一気に盛り上がります。

「さ~!楽しむぞ~!」なんて思いながら会場はシャボン玉でいっぱいになるでしょう。

コストもかかりませんし、会場全体の盛り上げにおすすめです。

釣り(金魚・ヨーヨー・スーパーボールなど)

金魚すくい
子供会の夏祭りの出店4つ目は「釣り」です。
金魚すくいやヨーヨー・スパーボールすくいなどは、夏祭りの定番です。

子供達の夏祭りの出店で絶対にあると信じ切ってやってくるので、これを出店すれば「このゲームはやって当たり前」のごとくぞろぞろ集まってきます。

金魚すくいは本物だとかなり大変なので、偽物の金魚を使うとカラフルで可愛くベストです。

バルーンアート

バルーンアート
子供会の夏祭りの出店5つ目は「バルーンアート」です。

バルーンアートはちょっと練習すると、以外と簡単にできてしまうものです。

手先が器用な人なら、少し練習するだけで数個は作れてしまうでしょう。

5種類くらい練習しておいて、バルーンアートをプレゼントすれば、普通の風船よりもうんと子供達は喜んでくれます。

宝探し

子供会の夏祭りの出店6つ目は「宝探し」です。

水槽に手が汚れない砂を入れておもちゃを隠してしまいましょう。

小さな子には少し長めの時間制限、大きな子にはちょっと短めに設定すれば「絶対見つけてやる!」精神が発揮されます。

手作りお化け屋敷

子供会の夏祭りの出店7つ目は「手作りお化け屋敷」です。

あまりに恐ろしいお化け屋敷では子供達は来年の夏祭りに来てくれなくなるかも・・・。

せめて小学校の子供達が楽しめるくらいのお化け屋敷が理想です。

例えば、簡単な迷路を作って所どころにお母さん達がお化けに変装して隠れてみてはどうでしょうか。

(その場に突っ立っていてはすぐに誰かの母親だとバレます)。

子供もお化け屋敷だということを認識しながら入るので、いきなりお化けがワッと出てこれば、いくら友達のお母さんでも腰を抜かして驚くかも!ドンキにコスチュームはいっぱいありますよ!

ビンゴ大会

子供会の夏祭りの出店8つ目は「ビンゴ大会です」です。

ある程度の人数が揃ったらさぁ開始!景品をちょっとリッチなものにすれば子供は喜びます。

大人も子供も一緒の楽しむことができるし、皆で楽しめるので家族連れや友達同士で来た子は絶対にやります。

マジックショー

子供会の夏祭りの出店9つ目は「マジックショー」です。

マジックなんて無理無理!なんて思うお母さんもいますよね。

私も全くできません。

でも、今は楽天やAmazon、ドンキなどにいけばプロさながらのマジックグッズが手に入ります!

子供参加型のマジックショーにすれば皆で楽しめます。

水中コイン落とし

子供会の夏祭りの出店、最後は「水中コイン落とし」です。

3つのコップを水をはった水槽の中に入れておき、上からコインを落としてもらいます。

コップにコインの入った個数で景品のランクを決めると俄然やる気が湧きます!

子供会の夏祭りで人気の食べ物10選

ポップコーン

子供会の夏祭りで人気の食べ物1つ目は「ポップコーン」です。

業務用ポップコーンの元を買ってきたり、ネットでまとめ買いして出来たてを差し出してあげましょう。

塩味、カレー味、キャラメル味など用意すれば、子供達は大喜びです。

フランクフルト

子供会の夏祭りで人気の食べ物2つ目は「フランクフルト」です。

業務用のフランクフルト専用ソーセージを買ってきて、焼いて食べます。

一工夫したい時には激辛ソーセージを用意してみても面白いですよ。

普通のフランクフルト、ケチャップが辛い中辛フランクフルト、ソーセージごと辛い激辛フランクフルト。

隣にかき氷屋さんがあれば、あまりの辛さにかき氷の売り上げも伸びるかも(笑)

チョコバナナ

子供会の夏祭りで人気の食べ物3つ目は「チョコバナナ」です。

チョコバナナのチョコレートは、レンジでチンするチョコがあるのでそれをかけてしまえば完了です。

食べた後の割り箸で遊ばないように、ゴミ箱もちゃんと用意しておきましょう。

やきそば

子供会の夏祭りで人気の食べ物4つ目は「やきそば」です。

出店に欠かせないやきそば。

ご飯を夏祭りで片付けてしまおうと思っている家族も多いので、やきそばをする時にはこんもりと盛ってあげましょう。

野菜、青のりや鰹節などしっかりと入っていれば「今日の晩ご飯はこれで決まり!」となるはずです。

綿あめ

子供会の夏祭りで人気の食べ物5つ目は「綿あめ」です。

子供達が行列を作る綿あめ。

もしも、かわいい綿あめを作りたいなら、カラーザラメを購入してみて!色々な色の綿あめを作ることができます。

フライドポテト

子供会の夏祭りで人気の食べ物6つ目は「フライドポテト」です。

フライドポテトも夏祭りの出店の定番中の定番。

コストも安くすみますしフライドポテトが嫌いな子供はそういません。

通常は塩味ですが、チーズ味も加えてあげると喜びますよ。

チーズは粉チーズで十分ですから。

らくがきせんべい

子供会の夏祭りで人気の食べ物7つ目は「らくがきせんべい」です。

小さな子供も大好きならくがきせんべい。

らくがきせんべいって、しっかり描きたい子は時間がかかるので結構行列ができてしまうことが多いです。

だから1つのテーブルに最低3人はできるようにしておきたいものです。

冷やしスイカ

子供会の夏祭りで人気の食べ物8つ目は「冷やしスイカ」です。

スイカの上にチョコをトッピングするといかにも出店っぽくなります。

また、時間になったら何人かの子供にスイカ割りをしてもらうととっても賑やかな夏祭りになります。

いびつなスイカで喧嘩になるなんてこともほとんどありません。

割れたスイカは子供達があれよあれよと片付けてくれますよ。

でも、あまりに大きなスイカは包丁で切ってあげましょう。

ただ、スイカは果汁がよく落ちるので、食べる場所を指定してお手ふきも事前に用意しておくと良いです。

ポン菓子

子供会の夏祭りで人気の食べ物8つ目は「ポン菓子」です。

最近はあまり見かけなくなったポン菓子。

作る時に、大きな音がするから夏祭りからも姿を消しつつあります。

しかし、そんなレアなお菓子になりつつあるからこそ、夏祭りでは復活させてみると子供もポン菓子の作り方に食い入るように見ます。

ただ、音が大きくて小さな子供やお年寄りはびっくりしてしまうこともあるので、場所は選んだ方がいいですね。

かき氷

子供会の夏祭りで人気の食べ物9つ目は「ポかき氷」です。

絶対に子供達が口にするかき氷。

沢山のシロップを用意してあげると喜びます。

また、お年寄りも孫と一緒にかき氷を食べる時もあったりするもの。

そういう時のために、トッピングにコストのかからない寒天や小豆などを用意しておくと皆が食べやすいですね。

ラムネ

子供会の夏祭りで人気の食べ物最後は「ラムネ」です。

冷やしてすぐに飲めるラムネ。

炭酸が好きな子だとついつい飲みたくなっちゃいます。

小学校高学年になったら、ちょっとスペースを作ってラムネを使った早飲み大会もいいかもしれません。

スポンサーリンク

子供会の夏祭りの出店の4つの注意点

衛生管理

食べ物を出店する時には、9つのことを守らなくてはいけません。

  • 構造・・・出店する出店の中に収りきっているか。
  • 給水設備・・・水道は水道法の基準をクリアしており、蛇口があって18リットルの蓋付き容器が準備されているか。
  • 洗浄設備・・・機械を洗ったり手洗い場を儲けているか
  • 排水設備・・・排水される場所は確保されているか
  • 冷蔵設備・・・材料を冷蔵しておく冷蔵庫の用意があるか
  • 格納設備・・・食器類などは清潔においておける収納があるか
  • 食器類・・・全て使い切りの食器か
  • 廃棄物用設備・・・廃棄物を衛生的に処理できる設備があるか
  • 消毒設備・・・手や機械などを消毒できる消毒液はあるか

これらの条件をクリアしてから出店を始めましょう。

串を使わない

焼き鳥などは美味しいので出店にはもってこいですが、小さな子供達が沢山いる夏祭りでは事故に繋がることもあるので串を使用した出店はやめておきましょう。

アレルギー表示をする

アレルギーのある子でも、楽しく夏祭りができるようにアレルギー表示はしっかりとしておきましょう。

お好み焼きなどは特に卵や小麦粉など、小さな子供がアレルギーに反応しやすい材料を多く使用します。

ゲーム系出店の安全面

例えば、夏祭りのゲームの景品によくある「ケミカルライト」は、中の光る液体が飛び出して皮膚につくと炎症を起こす可能性があります。

また、出店のおもちゃは小さな電池を使っているものも多く、子供の誤飲には十分注意しなくてはいけません。

消費者庁では、ツイッターでゲーム系の出品に関する注意喚起をしていますので、こちらをチェックしてから出店するようにしましょう。

子供会の夏祭りでみんなが楽しむ3つのポイント

準備と片付けが簡単な出店

出店を作るお母さんは家の中の仕事もしなくちゃいけません。

そんな中で準備をするのですから、少しでも時短になる出店にしたいもの、

また、夏祭り中は親も子供もとっても楽しいのですが、夏祭りが終わると親はどっと疲れが舞い込んできます。

“もう、片付けなんてどうでもいいから早く横にならせて・・・”って感じです。

だから、さっさと片付けられる出店を選ぶと楽ですよ。

幼児向け・小学生向けのコーナーをつくる

子供会で夏祭りをすると、まだ子供会には入会していない兄妹ももちろん来ます。

そういう子達も楽しんでもらえるコーナーを作ると、子供もぐずることなく夏祭りを楽しめます。

休憩スペースを設ける

休憩スペースってかなり皆が利用します。

屋台のやきそばを食べていたり、夏祭りで会った友達とお話していたり・・・。

できたら通常よりも多めの休憩スペースを確保しておくことをおすすめします。

また、休憩スペースの隣にゴミ箱を用意しておくと、会場があまり散らかりません。

子供会の夏祭りで人気の出店のまとめ

子供会の夏祭りに参加するお母さんは、「大変だ・・・でもやるしかない・・・」って気持ちでいっぱいのはず。

夏祭りを安全に盛り上げるためには、衛生面や安全面に十分注意しながら、自分が少しでも楽できる出店を作ることです。

楽しい思い出にするために、ちょっとだけ頑張ってみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました